おすすめブロアー情報

2口風量100Lおすすめブロアーランキング@ルチ

このページのQR

2口ブロアーって何?という方はこちらで左散気(左ばっ気)・右散気(右ばっ気)の説明や取り付け方法を解説していますのでご覧ください。

解説
2口ブロアー?散気?逆洗?見分け方、取り付け方も詳しく解説@ルチ

続きを見る

ルチ
さっそく見ていきましょう!
消費電力69W
10年間の電気代約16万5600円
フィルター強度
安定性
耐久性
価格
騒音値39dB
アース接続必要無し

メリット

  • トップクラスの省エネ性能+最安値ブロアー
  • 全てにおいて安定している

デメリット

  • 右散気(右ばっ気)のブロアーしか販売していないためNSR・NSRⅡ・VRCⅡ・VRCⅢ・KTG・SGCX・SGCXⅡ・MCP・KBR1型に使用する場合は左散気(左ばっ気)にする必要があり付属の変換アダプターを使用しなければならない
  • 変換アダプターを使うとブロアースペースが広くなるのでエアー配管の取り回しを変更しなければならない事がある
  • 変換アダプターは付属しているが必要な5センチ程度のVP13塩ビパイプ2本が入っていない

UniMB-80の変換アダプターの使い方・変換アダプターを使わないで左散気(左ばっ気)にする方法・詳しい取り付け方はこちらで解説していますのでご覧になってください

解説
2口ブロアー?散気?逆洗?見分け方、取り付け方も詳しく解説@ルチ

続きを見る

ルチ
変換アダプターを付けるのが大変だと思った方は他のブロアーを検討しても良いと思いますが全てのバランスが良く最安値ブロアーでもあるのでなるべくこれを取り付けしたいところです

総合評価同率1位(暫定)

消費電力70W
10年間の電気代16万8000円
フィルター強度
安定性不明
耐久性不明
価格
騒音値37dB
アース接続必要無し
ルチ
こちらのブロアーは最近発売された物(TKOの後継機)なので暫定扱いです

メリット

  • 散気と逆洗をこの本体で自由に切り替える事が出来るのでブロアーを間違えて購入する心配がない!かなり便利!!※工場出荷時は左散気(左ばっ気)
  • 大晃のブロアーはフィルターも丈夫なイメージ
  • 過去のブロアーも安定感がある
  • カタログ上の騒音値が同機種ブロアーで一番低い

デメリット

  • 新しいブロアーなので長い目で見たデメリットが分からない

ポイント

『散気と逆洗をこの本体で自由に切り替える事が出来るブロアー』

変換アダプターも使わずスペースが広がる事もなくなるのでおすすめです!

2位

消費電力66W
10年間の電気代約15万8400円
フィルター強度
安定性
耐久性
価格
騒音値39dB
アース接続必要無し

左散気(左ばっ気)のみの販売なので右散気(右ばっ気)で使う場合はこちらのクロス配管が付属されているAP-100WEXを購入して下さい。

メリット

  • トップの省エネ性能

デメリット

  • フィルター強度は弱めなので定期的に交換が必要
  • 価格が高い
  • 騒音ではなく振動が気になる場合がある

【番外編】2口100Lピストン式ブロアーの作り方

2口風量100Lピストン式ブロアーはどこの会社からも販売されていませんが、どうしても使いたい方は逆洗切り替えバルブユニットを取り付けする事で作る事が出来ますが導入価格も高くなり消費電力も高いのであまりおすすめ出来ません。

消費電力100W/95W
10年間の電気代50Hz 約24万
60Hz 約22万8000円
フィルター強度
安定性
耐久性
騒音値48dB以下
アース接続必要無し
電力エリアの説明→中部電力

メリット

  • 高耐久のピストン式のブロアーを採用している為他のブロアーより長く使える場合がある。

デメリット

  • フィルター強度は弱めなので定期的に交換が必要
  • ピストン式でも壊れるときは壊れる
  • 元々大きめのブロアーなのに更に切り替えバルブユニット分ブロアーのスペースが増える
  • ブロアーの出口と逆洗切り替えバルブユニットの出口が26φで太くなるので地中から出ている配管がVP13だと異形のパイプやゴム管が必要
  • このセットを買うと6万円くらいかかってしまう
  • 消費電力が高い

目次に戻る▶▶

-おすすめブロアー情報
-, , , , ,