おすすめブロアー情報

1口風量80Lおすすめブロアーランキング@ルチ

このページのQR

1口ブロアーの取り付け方や振動対策、長持ちの秘訣はこちらです

解説
浄化槽ブロアー取り付けに資格はいる?取り付け方も解説@ルチ

続きを見る

ルチ
このくらいの風量になってくると消耗品のダイヤフラムの耐久が少し落ちて来るので猛暑地等はダイヤフラム式ではなく、ピストン式もおすすめになってきます。

さっそく見ていきましょう!

消費電力49W
10年間の電気代約11万7600円
27 円 / kWh で計算
フィルター強度
安定性
耐久性
価格
騒音値36dB
アース接続必要無し

メリット

  • トップクラスの省エネ性能で現行で売られている同機種最大ワット数と比べ10年で約5万5200円の節電ブロアー
  • 全てにおいて安定している

デメリット

  • 価格が少しだけ高め

総合評価同率1位(暫定)

消費電力48W
10年間の電気代約11万5200円
フィルター強度
安定性不明
耐久性不明
価格
騒音値35dB
アース接続必要無し
ルチ
こちらのブロアーは最近発売された物(JDKの後継機)なので暫定扱いです

注意ポイント

こちらの商品画像は旧型JDKの写真になっています、このブロアーを買う場合、性能が違うので後継機のTIP-80であることを必ず販売者に確認して下さい!本当のTIPの商品画像はこちらになっています。

メリット

  • 消費電力が同機種でトップの省エネ性能
  • 大晃のブロアーはフィルターも丈夫なイメージ
  • 過去のブロアーも安定感がある
  • カタログ上の騒音値が同機種ブロアーで一番低い

デメリット

  • 騒音ではなく振動が気になる場合がある
  • 新しいブロアーなので長い目で見たデメリットが分からない

2位

消費電力51W/58W
10年間の電気代50Hz 約12万2400円
60Hz 約13万9200円
フィルター強度
安定性
耐久性
価格
騒音値36dB
アース接続必要無し
電力エリアの説明→中部電力

メリット

  • 東日本エリアではトップクラスに近い省エネ性能
  • フィルター強度が高い

デメリット

  • 西日本エリアは消費電力が少し高め

3位

消費電力51W
10年間の電気代約12万2400円
フィルター強度
安定性
耐久性
価格
騒音値38dB
アース接続必要無し

メリット

  • 消費電力がトップクラスに近い省エネ性能
  • 価格が安め

デメリット

  • フィルター強度は弱めなので定期的に交換が必要
  • 騒音ではなく振動が気になる場合がある

4位以下

消費電力72W
10年間の電気代約17万2800円
フィルター強度
安定性
耐久性
価格
騒音値45dB以下
アース接続必要無し

メリット

  • 高耐久のピストン式のブロアーを採用している為他のブロアーより長く使える場合がある。

デメリット

  • フィルター強度は弱めなので定期的に交換が必要
  • ピストン式でも壊れるときは壊れる
  • 消費電力が高め
  • サイズが大きい
消費電力49W/61W
10年間の電気代50Hz 約11万7600円
60Hz 約14万6400円
フィルター強度不明
安定性不明
耐久性不明
価格
騒音値46dB
アース接続必要有り
電力エリアの説明→中部電力
ルチ
私はこのブロアーを実際に見たことがないので不明な項目が多いです。

メリット

  • 価格が安い
  • 東日本エリアではトップクラスの省エネ エリアの説明→中部電力

デメリット

  • 東日本エリアと西日本エリアで風量と消費電力が変わる(80L/90L 49W/61W)
  • カタログ上の騒音値が同機種で一番高い
  • アース接続が必要

目次に戻る▶▶

-おすすめブロアー情報
-, , , , ,